ニュース

今週のユーコンNews: July 15-21, 2020

ユーコン準州の観光スポットSSクロンダイク号の前で撮影した写真

【今週の一枚】ツアーが再開したSSクロンダイク号前。来年にはこのような看板もなくなり、いつものように楽しむことができるようになることを願います。

【観光】ユーコン準州内の国立公園が続々と再開へ

政府機関であるパークスカナダ(カナダ国立公園局)はホワイトホースのダウンタウンにあるSSクロンダイク号でのガイド付きツアーを始め、クルアニ国立公園での様々なプログラム(ガイド付きハイキングなど)やキャサリンレイクの日帰り施設へのアクセスを7月16日に再開すると発表しました。ただこの中に毎年多くの観光客が訪れるチルクートトレイルは含まれておらず残念ながら今シーズンの使用は認められないことが決定しました。すでにチルクートトレイルの予約を取ってしまった人に対しては順次連絡がいくことになっており全額返金されます。お出かけ前にはパークスカナダのウェブサイトをチェックして最新情報を確認しましょう!

More Yukon parks reopening, but Chilkoot will remain closed for rest of season

by CBC North

スポンサーリンク

【飲食】市はレストランの路上での使用許可を断念

ホワイトホースの2つのレストランはこの5月にホワイトホース市にあててコロナ禍に伴い各レストラン付近にある公的な駐車スペース(市が管理)を他州のようにこの夏だけ特別にレストランの屋外パティオとして使用する許可を出してほしいとの旨を訴えていましたが今週月曜日、市サイドはこうした決定をするためには多くの”お役所的な”業務があることからこの夏のための使用許可の決定を下すには遅すぎるとの見解を示しました。仮に今から取り掛かっても許可が下りる見込みは最短で8月10日、そこから各レストランは屋外用に別途リカーライセンスや保健所の許可を申請することになることを踏まえると実際に使用許可を得て営業を開始できるのは9月以降になる模様。これでは8月末には終わりを迎えるユーコンの短い夏には到底間に合いません。7月1日から元通りの営業が形式上は許可されたものの今だにテイクアウトのみで営業しているレストランも多いホワイトホース。1軒でも多くのレストランや商店がこの非常事態を乗り切ることを切に願っていますがどうなるでしょうか。

Whitehorse council gives up on request to allow more room for restaurant tables

by CBC North

【ホテル】規制に反しアメリカからの予約を受け付け

アメリカとカナダの国境封鎖は8月21日まで再度延長されましたが、ビジネス等の所要でユーコン準州を通り抜けることは許可されています。その場合ホワイトホースのダウンタウンには立ち寄らないことが義務づけられています。こうした規制がある一方でホワイトホースにあるいくつかのホテルではアメリカからの予約を積極的に受け付けていることが分かりました。ただ実際にCBCがインタビューしたところによるとホテルスタッフ側がこの規制を十分に理解していない場合もあるようです。

Some downtown Whitehorse hotels still willing to book U.S. travellers, despite restrictions

by CBC North

【COVID-19】ユーコン居住者が州外でコロナ陽性

ユーコン居住者2名が他州(州名は未公表)でコロナウィルスに感染していることが分かりました。両者共症状は軽く、該当の州にて自主隔離をしており完治し次第ユーコンに戻る予定とのことです。また感染した先の州名はプライバシーの観点から公表されていない一方でどのように感染したかに関しては現在調査中とのこと。尚、感染者の居住地によって感染者数を数える規定によりこれでユーコン準州内の感染数は合計13名になりうち11名が完治しています。

2 Yukoners contract COVID-19 while outside of territory

by CBC North

【事故】コロンビア氷原でバスが横転し死者3名

7月18日の午後、アルバータ州にあるジャスパー国立公園内でアイスエクスプローラーと呼ばれるコロンビア氷原を見に行くためのツアーバスが転倒し少なくとも3名が亡くなリました。バスには当時27名が乗っており多数が州内の病院に運ばれ中には重傷者もいる模様です。この事故を目撃した人によるとバスは数回横転し最後はタイヤを上にした状態で停止したとのこと。横転した原因は今だ調査中ですが、大型のこのバスはオフロード用でハイウェイを走ることは禁止され制限速度も40kmまでと指定されていることもありシートベルト着用は義務付けられていなかったとのことです。日本人観光客にも人気のコロンビア氷原のツアーは1969年から運行が開始され長い歴史がある一方でこれまで今回のような大きな事故は一度もなかったとのことですが、今回の事故を受け今後はシートベルト着用の義務などを含め安全面におけるルールが見直されることになりそうです。

3 who died in Columbia Icefield bus crash were from Alberta, Saskatchewan and India

by CBC
最後までご覧頂きありがとうございました

もしこちらの記事が何かのお役に立てていれば各種SNSにてシェア頂けると嬉しいです!ユーコンなびは、カナダ・ユーコン準州への移住、留学・ワーホリ、観光に役立つ情報を発信する総合ポータルサイトです。

ページへのご意見ご感想、ご質問やご不明な点、ユーコンのこんなことが知りたい、などございましたら何でも結構ですのでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ