ニュース

今週のユーコンNews: Oct 21-27, 2020

【今週の一枚】ホワイトホースのダウンタウン、メインストリートの様子。先週の初降雪の後、気温が低くなる日が続き現在も地面が白く覆われています。26日には一旦寒さが和らいだものの今週末にかけては最低気温がマイナス25度近くまで下がる予報です。ユーコン在住の方も州外在住の方もどうぞ暖かくして今年はソーシャルディスタンス等各地域ごとに定められたルールを守った上で素敵なハロウィンの週末をお過ごしください。

【予防接種】インフルエンザワクチン接種、薬局で開始

今年ユーコン準州内で初めて薬局でのインフルエンザワクチン接種が可能になったことからユーコン準州政府保健省CMO(Chief Medical Officer/主席医務官 )は不必要なCOVID-19の検査を防ぐためにもインフルエンザワクチンの接種を強く推奨しています。同CMOであるハンリー氏は「インフルエンザとCOVID-19は非常に似た症状が表れることから、今年は何としてでも州内に持ち込みたくない」と述べ、また「今年インフルエンザと似た症状がある人は皆COVID-19の検査を受ける必要がある」としています。インフルエンザワクチンは今週月曜日から開始されており薬局で予約を取るか、Whitehorse Convention Centre(4051 4th Avenue、Coast High Country Inn隣接)で当日受付、または在宅ケア(該当者のみ)を通じて接種が可能です。

尚、慢性疾患を抱える人を対象に先週一足先に開始された初日二日間では900名以上がインフルエンザワクチンを接種し待機時間は短かったということです。

Yukoners urged to get flu shots as vaccinations begin in pharmacies for first time

by CBC North
スポンサーリンク

【COVID-19】ワトソンレイクで新たに3名の感染者

ユーコン準州政府保健省CMOは金曜日、州内のワトソンレイク(Watson Lake※ホワイトホースから東に400km程の距離)で新たに3名がコロナウィルスに感染したと発表しました。今回の3ケースは同一世帯からの発生となっておりいわゆる家庭内感染(Family Cluster)だということです。3名はいずれも回復傾向にあり自宅で自主隔離中です。同CMOによると、ワトソンレイク内で以下3箇所が公衆での感染の可能性がある場所として公表されています。

  • Watson Lake Foods – Super A(10月8日、10月16日)
  • Home Hardware(10月7日、10月10日)
  • Big Horn Motel(10月7日〜9日、10月13日〜16日)

CMOによると上記3箇所が他の場所よりも高い感染リスクがあるという訳ではないとしており現時点では「警鐘の必要性はない」としながらもCOVID-19はいつでも発生し得るものであり、いかなる症状も真剣に受け止める必要があると述べています。尚、今回の感染の発生源を特定できる情報は現段階では揃っていないとしています。

さらに26日のニュースで上記に加え、新たに2名の新規感染者が発生したと発表しました。いずれのケースも上記感染と同一世帯からの発生によるもので2名とも自宅で自主隔離をしており順調に回復に向かっているとのことです。感染源については現在も特定できてはいないものの、ワトソンレイクが(BC州との)州境に位置すること、感染の可能性がある場所としてモーテル(簡易宿泊所)が指定されていることからCMOは「州外から来た人との接触があったのではないか」と述べています。

Yukon confirms 3 new cases of COVID-19 in Watson Lake, says others could have been exposed

2 more COVID-19 cases in Watson Lake, Yukon

by CBC North

【自然現象】狩猟の満月、ブルームーンが今年はハロウィンの夜に

今年、Full Hunter’s Blue Moonと呼ばれる満月がハロウィンの日、カナダ全国的にはサマータイム(採用している州のみ)が終わる直前に予定されています。The Old Farmer’s Almanac(以前ユーコンNewsでも触れた「農業歴」がここでも登場しています)によると日本語と同様に英語でも毎月の月(moon)を表す言葉が古くからあり、Full Hunter’s Moonは日本語では狩猟の満月と呼ばれ収穫月(Harvest Moon)の次の満月のことを指します。またBlue Moonは同じ月の2回目の満月のこと指すことから今年はハロウィンの日に満月、それも珍しいブルームーンがやって来ると言う、何とも神秘的な一夜になりそうです。ちなみにこのブルームーンと言う名前はあくまでもただの呼び方で実際の月の色との関係などは一切ないとのこと。

尚、サマータイム(DST/Daylight Saving Time)に関してはカナダ国内では今年からユーコン準州が年間を通して採用を開始することが決まっているためユーコン在住者はハロウィン(10月31日)の夜に時計の針を1時間戻す必要はなくなりました。また、BC州は今年から年間を通してのDSTの採用が決定していましたがパンデミックの影響もあり近隣(アメリカ)のカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州が決定を先延ばしにしたことから足並みを揃え今年はDSTを採用しないことを決定しました。この為今年11月1日以降、BC州(並びにアメリカ西海岸の上記3州)が次の春に再びDSTを開始するまでユーコン準州とは1時間の時差が発生することになります。

Full Hunter’s Blue Moon to rise on Halloween before clocks fall back

by Global News

ごみを減らすアイディアを送って100ドルを当てよう!

「ごみを減らすユニークなアイディアをお持ちですか?」
ユーコン準州政府公式ウェブサイトでは現在、Yukon Waste Savers(”ユーコンごみ減らし隊”※意訳)と題して州内のごみを減らすための斬新なアイディアを広く募集中!普段何気なく行っている行動や考え方が他人にとっては真新しいアイディアかもしれません。応募した人の中から100ドル相当(スーパーマーケット等で利用可能)が当たるチャンスも☺︎

コンテストは今週金曜日、10月30日まで受付中!下記リンク先にて詳細をご確認の上、Facebook専用ページからご応募頂けます。

Learn how to reduce your garbage and recycling
(ユーコン準州公式ウェブサイト)

ユーコンNewsではユーコン準州のニュースや情報を中心に現地のメディアから特に気になるニュースをピックアップし、抄訳しています。ニュースの詳細は各リンクからご覧ください。ユーコンNewsへのご意見、ご感想等お気軽にご連絡頂けると嬉しいです☺︎今後ともユーコンなびを宜しくお願い致します。

最後までご覧頂きありがとうございました

もしこちらの記事が何かのお役に立てていれば各種SNSにてシェア頂けると嬉しいです!ユーコンなびは、カナダ・ユーコン準州への移住、留学・ワーホリ、観光に役立つ情報を発信する総合ポータルサイトです。

ページへのご意見ご感想、ご質問やご不明な点、ユーコンのこんなことが知りたい、などございましたら何でも結構ですのでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です