手続き関連

これだけは押さえたい、カナダの銀行口座開設

カナダ、ユーコンで銀行口座を開設

カナダでは普段の買い物でもデビットカードやクレジットカードでの買い物が多く、状況にもよりますが大きな現金を持ち歩くことはあまりありません。田舎と言われるここユーコンでもこうしたカードを使うことができないお店を探す方がなかなか難しく、セキュリティの面、また仕事を開始してからは給料の受け取りの際にも必須となりカナダ到着後、銀行口座開設は最も重要な手続きの一つと言えます。ただ

カナダでは口座維持費というお金がかかったり、小切手が使用できたり

と色々と日本の銀行とは勝手が違うことも。ここではカナダの銀行口座開設する際に知っておくと便利な情報をまとめてみました!

カナダの5大主要銀行

日本でいうメガバンクのポジションに位置する銀行がカナダには5つあります。長期滞在を考えているのであればできれば下記のようなメガバンクがおすすめです。このどれもが

ユーコン(ホワイトホース)のダウンタウンに支店があり直接銀行の担当者から話を聞いて手続きを進めることができる

ので個人的にはインターネット銀行よりもこちらの方が何かと便利だと思います。

インターネット銀行(例えばTangerineやPC Financial)の場合は口座維持費が無料のプランなどもありますが、支店がないため何かあった時にはまずカスタマーサービスに電話をしなければならず、その場合たいていがトロントなどの東海岸側に本社があり時差もあることなどから色々と不便を感じることがあるのも事実です。そのため、ユーコンに来た場合は下記の銀行のどれかを選択することを個人的にはおすすめします。

スポンサーリンク

日本とは違う口座の種類

カナダで銀行口座を開設する際にたいていの人がまず開設する主な口座(アカウント)の種類はChequing AccountとSaving Accountの2つです。日本と大きく違う点は口座のプランなどにもよるのですが基本的に口座維持費という月々の手数料がかかってくることです。まず始めに2つの口座の種類を見ていきましょう。

Chequing Account(チェッキングアカウント)

日本でいう普通預金口座です。

基本的に買い物などで使うデビットカードでは通常この口座から引き落とされます。ここでいうChequingとはCheque=小切手のことで開設すると小切手を利用できるようになります。小切手というと日本では普段の生活ではあまりなじみがないかと思うのですがカナダでは給料や家賃の支払いなどでいまだに小切手のみという場合もあります。給料に関しては最近ようやく日本のように口座に直接入金(Direct Deposit)してくれる会社も増えてきましたが小さなお店などではまだまだ小切手が主流といった印象です。

Saving Account(セービングアカウント)

日本でいう定期預金口座です。

Checking Accountよりも利子が優遇されている分、少し縛りがあります。例えばデビットカードで買い物をする場合Saving Accountから支払うことも可能ですが、Checking Accountに比べてかなり高い手数料が取られます。その為、基本的には貯金する分のみをSaving Accountに入れそれ以外の生活費など日常的に稼働するお金に関してはChequing Accountに入れておくとよいと思います。

この他にも銀行によって、またはライフイベント(永住権取得後や退職後など)などによっても様々なプランがあるのでまた別の機会に書きたいと思います。

次に口座維持費に関してですが、これは基本的にチェッキングアカウントに対してかかってくる手数料のことでセービングアカウントは無料です(銀行はできるだけたくさんお金を置いておいてもらいたいため)。口座維持費は銀行や口座のプランなどによってそれぞれ異なるため今回はTD Bankのプランを参考にして説明します!

TD Bankでのおすすめ口座

2019年5月現在、TD Bankには6つのチェッキングアカウントが用意されています。その中でも一番使い勝手が良いと思われる個人的におすすめの2つの口座をご案内します。

TD Unlimited Chequing Account

ATM手数料(国内TD Bank)無料
ATM手数料(国内+TD Bank以外)無料
ATM手数料(アメリカ・メキシコ)$3/回
ATM手数料(上記以外の外国)$5/回
デビットカード利用回数上限無制限
e-Transfer利用手数料無料
口座維持費(月ごと)$19.95
※ただし$4000以上口座に維持していれば無料

このプランは月に$19.95の口座維持費がかかるのですが、「$4,000以上をこの口座に維持していれば無料」となりデビットカードも現金の引き出しも無料で無制限となるためその場合は大変お得なプランです。

TD Student Chequing Account

ATM手数料(国内TD Bank)
+デビットカード利用回数上限
月に25回まで無料。
それ以降は$1.25/回
ATM手数料(国内+TD Bank以外)$2/回
ATM手数料(アメリカ・メキシコ)$3/回
ATM手数料(上記以外の外国)$5/回
e-Transfer利用手数料無料
口座維持費(月ごと)カレッジの学生(フルタイム)であれば無料

このプランはフルタイムの学生が対象で口座維持費が無料となっています。ただATMとデビットカードの利用が合計で25回までのみ無料(それ以降は有料)となっているため頻繁に買い物等で使う場合は足りないかもしれません。逆にあまり使わないという場合はTD Unlimited Chequing Accountのプランのように一定の金額を口座に維持している必要などもなく口座維持費が無料のため学生にとってはお得なプランと言えると思います。

ウェブサイトに載っていないプロモーションが行われている場合がある

実は口座維持費に関してはウェブサイトに記載はないのですが実際に口座を開設する際に担当者から「今プロモーションで○○プランが1年間無料です」などと提案されることもよくあり、実際我が家はRBCで開設した際に当時(2013年)学生ビザ保持者を対象にした1年間無料のプランを案内されまずはそのプランにしました。銀行によってこのようなプロモーションをしていることも多いので問い合わせてみるとよいかと思います。

また、それぞれの銀行によって条件等も様々ですが、銀行口座を開設する時にクレジットカードの作成が可能な場合もあります。中には年会費が無料のクレジットカードもあり、これから先長くカナダに住む場合、カナダで発行されたクレジットカード(&クレジットヒストリー)が必要となる場面も出てくると思いますので個人的にはこうした機会に作っておくことをおすすめします。

そもそもデビットカードとは?

日本でも最近少しずつ浸透してきたと思われるデビットカードですが、カードと言っても実際には銀行のキャッシュカードに標準機能として搭載されているもの(デビット機能)が多くカナダでは随分と前から日常的に使われています。デビットカードとは、

預金口座と紐付けられた決済用カードである。金融機関(一般的に銀行)が発行し、このカードで決済すると代金が即時に口座から引き落とされる仕組み。

Wikipediaより抜粋

と記載があり、クレジットカードなどの事後決済に対してデビットカードは即時決済となっています。そのため支払いをする際には最低でもその支払い金額以上の残高が口座に必要となります(万が一残高が足りない場合、銀行にもよりますがOverdraft Protectionというオプションを事前に申し込んでいる場合は手数料を払う事で一定額をカバーしてくれるといったサービスもあります)。支払い額分の残高がないと使用できない、というのはクレジットカードと違い一見デメリットにも感じるかもしれませんが、逆に言うとそれ以上のお金を使う心配がなくある意味この点はメリットとも言えるのではないかと思います。

またスーパーマーケット(ウォルマートなど)ではデビットで支払いをする際、支払い端末の画面に「Would you like cash back?」(「キャッシュバックを希望しますか?」)等と表示され、支払いの際にレジにてATMのように現金を引き出す(キャッシュバックする)ことも可能です。「YES」を選択するとキャッシュバック金額を選ぶ画面になり(銀行のATMと同様に$20、$40、$60等)、例えば$20を選択すると買い物の支払金額(例えば$100)に足された合計金額=$120の支払い(銀行口座から即座に引かれる)となりキャッシャーは$20をレジから出して渡してくれるという流れです。例えば現金が必要だけど急いでいて買い物の後にATMに行く時間がない場合などはとても便利なサービスだと思います。

スポンサーリンク

口座開設に必要な書類

身分証明書2つ

パスポート、免許証(日本の免許証は不可、現地のものか国際免許証)、学生証、保険証など

住所が証明できるもの

賃貸を契約した際の契約書(Lease Agreement)など銀行にもよりますが、基本的にはこれらの書類の提示を求められることがほとんどだと思います。

銀行にアポイントメントを入れてみよう!

銀行口座を開設する場合はまず、そのための予約(アポイントメント)を取る必要があります。銀行の受付に電話、または直接窓口で口座を開設したい旨(「I would like to open a new bank account」等)を伝えると、担当のスケジュールを確認し空いている日時を提案されるのでその場で予約をし、後日予約した日時に口座を開設するという流れになります。

一件難しいと感じがちな海外での銀行口座の開設ですが予めカナダの銀行システムや開設する銀行の口座内容など、おおまかな中身を把握しておけば決して怖くはありません。銀行に限らずカナダでは移民が多くお店の人が移民(英語が第二言語の人)に慣れていることはもとよりお店の人も移民という場合も多々あります。カナダに到着したらまずは銀行口座を開設して快適なカナダ生活のスタートを切りましょう!

最後までご覧頂きありがとうございました

もしこちらの記事が何かのお役に立てていれば各種SNSにてシェア頂けると嬉しいです!ユーコンなびは、カナダ・ユーコン準州への移住、留学・ワーホリ、観光に役立つ情報を発信する総合ポータルサイトです。

ページへのご意見ご感想、ご質問やご不明な点、ユーコンのこんなことが知りたい、などございましたら何でも結構ですのでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ