生活情報

信用を手に入れる!カナダのクレジットカードについて

カナダでクレジットカードを作ろう

ホテルの予約、オンラインショッピング、セカンドIDとしてなど、様々な場面で必要なクレジットカードですが、カナダでは自分が使うという場合以外にクレジットカードが必要になってくる場合も!

カナダ生活に必要なクレジットカード

日本でも最近はクレジットカードが必要な場面が増えてきていると思いますがカナダではおそらくそれ以上にクレジットカードの必要性を感じることが多いと思います。

オンラインで買い物をする時、飛行機やホテルを予約する時。さらにその予約したホテルに到着した時、たいていの場合はチェックイン時にもクレジットカードの提示を求められます。これは日本やカナダ国内から既にオンライン上で支払いを済ませている場合も含め全ての宿泊者に対してです。

デポジットってなに?

ここで少し詳しく説明するとこの場合クレジットカードの提示を求められる理由はデポジット(保証金)のためです。

ホテルなどの受付カウンターでは、

「デポジット(またはセキュリティーデポジット)として300ドルを押さえさせていただきます。」

などと言われることが多く、ここで言うデポジット(保証金)はいわゆる”一時的な支払い”という形です。

国、またはホテルによってはpre-authorization (客のクレジットカードが実際に利用可能かどうかを知る目的もあり一定額をブロック=ホテル側が確保する)と言う場合やimprint(写しとる)と言って単にクレジットカード番号を印刷=ホテル側がチェックアウトまで控えておく、というような場合もあります。

日本とは少し順序が違う

日本では追加料金等はチェックアウトの際に支払うことがほとんどなので、宿泊料金以外の事前清算を求められることはありませんが、カナダでは例えば追加料金が発生するような部屋の状態であったりしてもチェックアウトの日にカウンターを通さずに出て行ってしまったりするパターンもあるようで、そう言った場合に備えて補償金という形でチェックインの際に予めクレジットカードの提示を求められることが一般的です。

尚、ここで支払うデポジットというのはあくまで一時的な支払いのため、たいていの場合は数日後など一定期間経ったあとに支払いがキャンセルされますのでご安心を。オンライン上でクレジット会社のアカウントなどから確認することもできますので不安な場合は数日経ってから念のため確認しておくとよいと思います。

スポンサーリンク

クレジットカードはなぜ必要?

カナダ(北米)でのクレジットカードの立ち位置として、その人自身の信用を計るのに一番わかりやすい持ち物という役割があるのがクレジットカードです。

クレジットカードを使用してお金を使う、そして期限内にきちんと返済するといった全ての記録は個人の履歴=クレジットヒストリーとなり、車購入や、家購入のためのローン審査の際に後々必要となります。そのため長いスパンでカナダに住むことを考えている場合、クレジットカードの存在はとても重要になってきます。

銀行口座を開設する時やWalmartで買い物をする時などにクレジット機能付帯のカードをすすめられたりする場合があり年会費無料のクレジットカードもあるので、しばらくこちらに住む予定の方はそのようなタイミングで作っておくことをおすすめします!

クレジットヒストリーとは?

とにかく使うことが大事

上でも少し触れましたがクレジットヒストリーとは金融機関を利用した個人の履歴のことです。使う金額よりも何よりもまずは使って履歴を残すことに意味があります。家や車の購入時にローンを組みたい場合、最低でも1年半~2年程度のカナダ国内でのクレジットヒストリーが必要と言われています。

またクレジットカードを定期的に一定金額使っているとクレジットカード会社から限度枠拡大の提案が来ることがあります。これはクレジットカード会社からの信用があるという証明でありヒストリーにもなるので、実際には新たな限度額を日常的には使わないという場合でも(自身で使う額によほどの不安がない限りは)個人的には限度額拡大を受け入れることをおすすめします。

ちなみにこれらのヒストリーというのは全てカナダ国内で発行されたクレジットカードに対してです。日本で発行されたクレジットカードの履歴は一切反映されないため注意が必要です。

スポンサーリンク

クレジットカード以外の方法で履歴を作るためにできること

目の前にできることが必ずある!

カナダに来たばかりで仕事がなく今すぐにはクレジットカードが作れない、という人がまず作れる履歴として、携帯電話やインターネット、光熱費などの毎月の支払いを滞りなくするというのも意外と重要ですので小さなことかもしれませんができることから長い目で積み重ねていきましょう!

日本とは違い、収入があればローンが組めるという訳ではないカナダなので(キャッシュを持ち合わせている場合は除外)時間を積み重ねる必要があることについては進めることができるときに一つ一つ積み重ねていくことが重要です。またその積み重ねがクレジットカードを作るためのヒストリーにもなりますのでとにかく現状でできることを探して逆算して進めていくことが大事です!

ユーコンでクレジットカードを作るならこれ!

カナダにもたくさんのクレジットカードがあるし、銀行でも色々と種類があってどれがいいかわからないという方に、ユーコンでクレジットカードを作るなら個人的におすすめクレジットカードをご紹介!

発行しているのはカナダ最大級のスーパーマーケットチェーン、Real Canadian Superstoreいわゆる”スーパーストア”が母体となっているPC Financialという金融会社で、PCはプレシデントチョイス(=スーパーストアのプライベートブランドの名前)の略です。

面白いようにポイントがたまる!

このクレジットカードをおすすめる理由は、ユーコンにはこれらのチェーンが母体となるスーパーマーケット2軒、他にもドラッグストア、ガソリンスタンドと日常生活に不可欠なお店が揃っているということです。

バンクーバー、カルガリーなどの都市であればスーパーマーケットひとつ取っても様々な選択肢があり、その日の行動範囲や目的によって買い物に行く場所を変えたりすることもできますが、ユーコンではほぼ一択となってくるのが現状(最近新たなスーパーマーケットがオープンしたもののスーパーストアの値段や品揃えなどを考えると我が家ではスーパーストアがメインです)で、それらの買い物の支払いをこのクレジットカードに集約することでポイントがたまりやすくなります!

加盟店のお店で獲得できるポイントは優遇されるので還元率がとてもよく(特にガソリン)、我が家では平均すると食費の15−20%はこのクレジットカードのポイントで賄われています。そしておすすめするもう一つの理由が3種類ある全てのグレードのカード年会費が無料という点で、アップグレードは年収、または前年度の使用額に応じて申請可能になります。アップグレードも視野に入れた使い方をするとカードのグレードが上がる毎にポイントが2倍、3倍(しかも年会費は無料!)と増えていくので、とてもお得なカードと言えると思います。

最後までご覧頂きありがとうございました

もしこちらの記事が何かのお役に立てていれば各種SNSにてシェア頂けると嬉しいです!ユーコンなびは、カナダ・ユーコン準州への移住、留学・ワーホリ、観光に役立つ情報を発信する総合ポータルサイトです。

ページへのご意見ご感想、ご質問やご不明な点、ユーコンのこんなことが知りたい、などございましたら何でも結構ですのでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ