手続き関連

成功するユーコンの家探し【賃貸編】

ユーコンで家探し

異国の地で住む場所を探すというのは移住、留学する際の最初のハードルになるのではないかと思います。特に今のユーコンは人口増加の勢いに対し住む場所の数が追いついておらず、周りでも家探しに苦戦している人を多く見かけます。そんな家探しに遅れをとらないように、最低限知っておきたい賃貸広告の見方などを解説していきます!

部屋のタイプを知ろう

まず家を探す上でカナダではどういった種類の部屋、物件があるのかを紹介します!

Room share(ルームシェア)

ユーコンに限らずカナダで家探しをする際に最も多く目にする部屋のタイプではないかと思います。いわゆる一軒家やアパートの部屋の中の1部屋を貸す形です。オーナーも同じ部屋に住んでいる場合と全く別の場所に住んでいる場合とがあります。お風呂とトイレ(バスルーム)に関しては別の部屋の住人と数人で共有する場合が多いです。基本的には自分の部屋以外の全て(キッチン、リビングルームなど)を共有します。電気代やインターネットなどを他の同居人とシェア(もしくはレント/賃貸料に含まれている)場合が多く、その場合は自分で面倒な手続きをする必要がありません。

1 Bedroom Suite(ワンベッドルームスイート)

ルームシェア同様、一軒家やアパートの部屋の中の1部屋を貸す形ですがそこに専用のバスルームが付いている場合にこうした言い方をする場合があります。個人の経験では比較的大きめの家やアパートのオーナーがこのタイプの部屋を貸し出している場合が多い印象です。バスルームが専用のためルームシェアよりもプライバシーを確保できますがその分レントが高くなります。ルームシェア同様に基本的には自分の部屋以外の全て(キッチン、リビングルームなど)は共有になります。ルームシェア同様に電気代やインターネット代はシェアするか、レントに含まれている場合が多く自分で契約の手続きをする必要がないことが多いです。

1 Bedroom(ワンベッドルーム)

一つ上の1Bedroom Suiteに言い方は似ていますがこの場合はアパートの一部屋です。その為、2Bedroomsや3Bedroomsの物件もあります。一部屋(または二部屋、三部屋)丸ごと借りることになるためルームシェアやスイートと比較するとレントが高くなります。その為カップルや友達同士で一緒に借りている人も多いです。ちなみに、古いアパートなどでは部屋に専用の洗濯機がない場合が多くアパート内の共用エリア(コインで稼働)に設置してある洗濯機を使う場合も多いです。ルームシェアやスイートと違い一部屋を借りるため電気やインターネットは各自で契約する必要がある場合がほとんどです。(まれにインターネット代が含まれている場合もあるようです)

Studio, Bachelor(スタジオ、バチェラー)

こちらもアパートの一部屋で日本でいうワンルームタイプの部屋です。やや狭い場合が多いですがバスルーム、キッチンなど基本的な設備は整っており住んでいるのは自分一人(カップルや友達同士など2人で入居できる物件もあります)のため、プライバシーの確保ができます。一つ上の1 Bedroomよりもレントが低くなる場合が多いですが、ユーコン(ホワイトホース)ではこのタイプの部屋が出回っている数は少ないため、あまり目にしないかもしれません。電気やインターネットは各自で契約します。

Basement(ベースメント)

カナダでよく見かけるタイプの物件です。ベースメントというのは一軒家の地下室的なスペースで、その部分を賃貸として貸し出している部屋のことです。広さは1 Bedroomや2 Bedroomが多い印象です。オーナーが上層階部分に住んでいるパターンが多く、玄関が上の家と共有(shared entrance)か、別々か(separate entrance)などでプライバシー具合も変わってきます。部屋に関するトラブルが起きた場合など、オーナーが上に住んでいる場合は直接オーナーに確認しやすい点で安心です。また電気代やインターネット代などは上の階とシェアまたはレントに予め含まれている場合が多い印象です。

スポンサーリンク

これだけは押さえたい!物件を知るための用語集

ユーコンで賃貸物件探しによく使われているKijijiなど、賃貸情報が掲載されているウェブサイトなどで頻繁に使われている用語を覚えておくことも賃貸探しを成功させる上で重要なポイントの一つです。

家の概要を知るために押さえておきたい用語一覧

Rent:賃貸料
Deposit:敷金
Pet Friendly:ペット可
Move-in Date:入居可能日

Size(sq):部屋の大きさ
※日本と違い基本的にはスクエアフィート(sq)で示されています。単位換算として1m=3.28ftとなり面積に換算すると1㎡=10.75sqftになるので、表示されている数字をだいたい1/10にすればイメージしやすくなります。

Furnished:家具付き
Unfurnished:家具なし
Yard:庭
Balcony:ベランダ
Smoking Permitted:喫煙可
Non-smoking / Smoke Free:禁煙 ※基本的には室内では禁煙の場合が殆どです。

Electricity included:電気代込み
※BC州では電気代のことをHydro(hydroelectric power/水力発電 )というためBC州出身者なのかHydro includedと記載しているオーナーもまれにですが目にします。

Heat included:ヒーター代込み
Water included:水道代込み ※ユーコンは水道代が無料の為、この項目を目にすることはありません。
Utility included:電気、水道代(など)込み ※水道代が無料のためユーコンではこの言い方もあまり見かけません。
Cable/TV included:ケーブルテレビ代込み
Internet included:インターネット代込み
Landline included:固定電話代込み
Parking included:駐車場有
Own/Shared laundry:専用洗濯機/共有洗濯機
Own/Shared bathroom:専用のお風呂とトイレ/共有のお風呂とトイレ 
Own(separate)/Shared entrance:専用玄関/共有玄関

ユーコンの家賃相場

※あくまで目安として自分たちの経験や友人などのレント、またKijijiでの情報をもとに記載しています。築年数や立地によっても異なります。

ルームシェア

$600−$800
電気、インターネット→シェアまたはレントに含まれている場合がほとんど

1ベッドルームスイート(一軒家やアパートなどの一部屋)

$900前後
電気、インターネット→シェアまたはレントに含まれている場合がほとんど

1ベッドルーム(アパート)

$1000-$1400
電気、インターネット→個人契約の場合がほとんど(まれにインターネット代が含まれている場合も)

スタジオ、バチェラー

$1000前後
電気、インターネット→個人契約の場合がほとんど

ベースメント

$1000-$2000(部屋数やバスルーム数によって異なる)
電気、インターネット→オーナーによって異なるがレントに含まれていることが多い印象

電気を自分で契約する場合、アパートか一軒家かなど広さによって電気代は大きく変わってきます。アパートの場合はHeat(ヒーター代)がレントに含まれている場合が多いですが、一軒家の場合は含まれていない場合がほとんどです。ユーコンではこのHeatが電気代に大きく関わっており、冬の期間は24時間ヒーターを切ることができないユーコンでは、月々のヒーター代込みの電気代が$200−$500ほど(アパート1部屋か一軒家かなど大きさによって異なる)になります。

ユーコンで家のヒーターがつき始めるのがだいたい10月ごろ(場合によっては9月中)で、そこから翌年の4月ごろまでは24時間ヒーターが付いた状態となるので、アパート一部屋や一軒家などヒーター代が賃貸料に含まれていない場合はこの料金も考慮に入れておく必要があります。

スポンサーリンク

ユーコンで家を探すためのウェブサイト

日本で賃貸物件を探す場合、不動産業者に予算や広さなどの条件を伝えて探してもらうというのが一般的かと思いますが、カナダでは基本的にそういった賃貸専門の仲介業者はいない為自分自身で部屋を探す必要があります。

こちらでよく使われているのがKijijiの様なウェブサイトやFacebookのページで、ここに投稿されている家やアパートの物件情報を見て自分でコンタクトを取るというのが一般的な方法です。Kijijiは無料で利用できる売買のためのウェブサイトのため賃貸情報の他にも、車や電化製品など様々な物を検索することができとても便利です。
Kijijiを中心とした売買ウェブサイトの話はこちらから↓

初期費用は日本よりも少し安め

上記のように日本とは違い中間業者を挟まないため、礼金のようなお金は必要なくその分日本での引っ越しよりも少し初期費用は抑えることができるかもしれません。

日本での賃貸物件の場合の初期費用

賃貸料(1−2ヶ月分)+敷金(1−2ヶ月分)+礼金(1−2か月分)

となるので最大で家賃の6ヶ月分プラス引っ越し代くらいの初期費用がかかってきますが、

カナダでの賃貸物件の場合の初期費用

賃貸料(1−2ヶ月分)+デポジット(1ヶ月分)*デポジットとは日本でいう敷金

となるので日本と違い礼金がない分、最大でも3ヶ月分くらいで入居することができます。

部屋を借りるための流れ

気になる物件があったらどんどんコンタクトを取ってみましょう。日本との最大の違いがオーナーと直接コンタクトを取らなくてはいけないことだと思います。物件の条件と同等、もしくはそれ以上にオーナーの人柄やオーナーとの相性が重要になってくるのではないかと個人的には思っています。

稀にではありますが中には悪さを考えている人もいます。オーナーと直接会うことでその物件がきちんと管理されているのかどうかを実際に見て感じることができますので、物件と同じくらいオーナーもしっかりと見極めましょう。ユーコン以外の州からコンタクトする場合などオーナーと直接会うことが難しい場合は物件の掲載内の文章や写真、また実際にコンタクトした際の返信メールの文面などから「あまりに定型文でビジネス的でないか?」(→偽物件の可能性も)や「言葉遣いが丁寧かどうか?」などで人柄を垣間見ることができる場合もあるので遠方から連絡を取る場合には細心の注意を払いましょう。

遠方からの場合はホテルを数泊取り、先に内覧の予約をできる限り多く取っておいて滞在中に実際に物件を見て回って見つけるというやり方も一つの手ですがこれは物件数も多い都市部でのみ有効な方法かもしれません。我が家では実際にカルガリーではこのやり方でホテル滞在2日目に物件を見つけることができましたが一方のホワイトホースは物件が圧倒的に少ないという情報を見ていた為、予め家のオーナーと連絡を何度も取り物件を決めてから来ました。この話もまた別の機会に書きたいと思います。

【実際に住んでみた】ユーコン(ホワイトホース)でおすすめのエリア紹介

治安の良さや、車がない場合のアクセスの良さなど、参考までに実際に我が家がユーコンに来てから住んできたエリアの紹介をします。

Downtown(ダウンタウンエリア)

とにかくアクセスがいい、これに尽きます。特に職場がダウンタウンであれば車がなくてもそれほど不便を感じずに生活をすることができると思います。ただ、治安の面ではあまり良くない場所もあります。まずはダウンタウンの物件に住んで周りの様子を見て慣れてきてから郊外のエリアに引っ越すという手もありだと思います。実際に我が家もそうでした。

Granger(グレンジャーエリア)

このエリア近辺のCopper RidgeやIngramというエリアと並んで比較的大きな家が多い住宅エリアです。ダウンタウンから見ると坂の上に位置し徒歩でダウンタウンに行くことは難しいですが、バスが通っているため車がなくても生活は十分にできると思います。ただ、冬には車がある方が圧倒的に便利です。またこのエリアは大きな家が多い為、比較的広めのベースメントや1ベッドルームスイートなどの物件が多い一方で、住宅街のためアパートなどの物件はほとんどないことが特徴です。全体的に落ち着いた住宅街で治安の悪さを感じたことはありませんでした。

Riverdale(リバーデールエリア)

ダウンタウンから最も近いエリアです。ホワイトホースの中で最も古い住宅エリアの一つでもあり、住んでいる人は比較的昔からユーコンに住んでいる人が多い印象です。ダウンタウンへは徒歩(20-30分前後)や自転車で行くことができ、バスも比較的多く通っているので、車がなくても生活していくことができる唯一のエリアだと思います。ただ、冬になると車がある方が買い物などの際に便利であることは間違いありません(マイナス20度でも徒歩や自転車でダウンタウンに通勤する強者もたまに見かけますが)。リバーデールエリアは一軒家も多くある一方でアパートの数も多く移民が多いのも特徴的です。

ユーコンの賃貸マーケットの傾向としては、冬の終わりから春先にかけては夏の観光シーズンに向けた準備で人の出入りが激しく、それに伴い物件の数も多少増えます。またそういった観光シーズンに向けて求人も増える傾向にあるので、ユーコンでいろいろな物件を見て移住や留学のスタートを切りたいという方は、探し始める時期などうまく移動できるよう逆算して計画することをおすすめします!

最後までご覧頂きありがとうございました

もしこちらの記事が何かのお役に立てていれば各種SNSにてシェア頂けると嬉しいです!ユーコンなびは、カナダ・ユーコン準州への移住、留学・ワーホリ、観光に役立つ情報を発信する総合ポータルサイトです。

ページへのご意見ご感想、ご質問やご不明な点、ユーコンのこんなことが知りたい、などございましたら何でも結構ですのでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ